我的科技筆記

てっくぶろぐてきなやつ.でぃーぷらーにんぐとてきすとえでぃたがすき.

fern.vim でファイルを削除できない問題の解決

https://abemii.github.io/posts/fern-trash/ から移行。

fern.vim

fern.vimVim のファイルエクスプローラプラグインの一つである。 以前までは NerdTree を使用していたが、最近 fern.vim に移行してみた。 キーマップを NerdTree に合わせることができることもあり、使い勝手が良い。

ファイルを削除できない

しかし使う中で、ファイルを消すことができないという問題に気づいた。 ファイルを消すキーマップは、デフォルトでは、 Shift-D となっている。 Shift-D を打鍵すると、ウインドウ下部に以下のメッセージが表示され、 y で削除できるはずだった。

The following 1 files will be trashed
/path/to/file
Are you sure to continue (Y[es]/no): 

しかし、何も起きない。

:h fern

困ったときは help に頼るべきだ。

help によれば、 fern でファイルを削除する方法は 2 つある。 - fern-action-trash: ファイルを「ゴミ箱」に移す。 - fern-action-remove: ファイルを消去する(rm と同じ)。

Shift-D は前者を実行するが、そのためには、 以下のように CLI のゴミ箱コマンドが必要であるらしい。

*<Plug>(fern-action-trash=)*
    Open a prompt to ask if fern can send the cursor node or marked nodes
    to the system trash-bin. It uses the following implementations to send
    the node(s) into system trash-bin.
    OS      Requirement~
    macOS:      osascript (OS builtin)
    Windows:    PowerShell (OS builtin)
    Linux:      trash-cli or gomi (Users need to install)
            https://github.com/andreafrancia/trash-cli
            https://github.com/b4b4r07/gomi

Ubuntu では、通常どおり apt-get install で trash-cli をインストールすることができる。

apt-get update
apt-get install trash-cli

結果

trash-cli がインストールされた状態で Neovim を起動し直すと、 確かにファイルを削除できるようになった。

1 items are trashed

まとめ

困ったらまず help を見よう。